Business

事業紹介

ハードウェア設計

Hardware

設計・開発を筆頭に、量産出来ない様な研究開発用の試作案件や検査機(治具)、等を手掛けております。遊技機以外では民生・産機関連の弱電から強電まで多岐に渡る製品の研究開発を行い、自社ブランド製品の開発にも力を入れています。

開発・設計の流れ

01. 仕様の確認

お客様のご要望をヒアリングし開発・設計に必要な情報を収集します。

02. 設計業務

実際にどのように業務を進めていくか組立て、各部署へのスケジュール感を共有します。

03. 設計検証

設計通りに起動するか、検証を行います。

04. 試作

設計検証を行ったものを元に試作をし、不具合等の修正を行います。

05. 製品検証

一人一人の目で細部まで正確に検証を行います。

06. 納品

基板設計からアートワーク、実装基板まで行った後、製品として納品します。

使用ツール

仕様設備

  • ・オシロスコープ
  • ・電子負荷
  • ・直流安定化電源
  • ・ファンクションオシレータ
  • ・LCRメーター
  • ・ファンクションジェネレータ
  • ・ノイズ試験機(ノイズ研究所)
  • ・恒温試験機

設計ツール

  • ・回路設計 Altium Designer(アルティウム社製)
  • ・アートワークCAD Xpedition(メンター・グラフィックス社製)
  • ・PCB Designer(Quadcept社)

開発例

  • ・基板全般(制御基板、中継基板、電飾基板など)
  • ・上記基板を量産するために使用する検査治具基板
  • ・美顔器用制御基板
  • ・サイネージ機器
  • ・バッテリーチェッカー
  • ・HVDC設備機器
  • ・各種組み込み機器

製品の開発・組立・加工などに関するご要望は、
神崎産業株式会社へお任せください。